「位の数」はイメージが大切!(一年生)

これから「位の数」を子どもに教えますが、当サイトではつぎの2段階で教えます。

1.おはじきで、イメージをつかませる(このページ)
2.カードで、位の数を教える

上記1は不要ではないか、と思うかたもいると思いますが、イメージをつかんでいないと、ありえない間違いをすることがあります。
上記1からしっかりと教えましょう!
というわけで、おはじきを使って、子どもに「位の数のイメージ」をもたせる方法について解説します。

なお、もしおはじきが手元になければ、おはじきを2袋買ってください。
算数を教えるとき、おはじきは、案外、使えるので、この際、買っておくといいですよ!
百均で買えば200円ですしね。

スポンサード リンク


おはじきを3種類の色に分けて、カードを3枚用意しよう!

手元にある、おはじきを3種類の色に分けてください。
※当サイトでは、「赤色」「黄色」「青色」の3種類に分けた、としています。

そして、コピー用紙などの紙を1、2枚用意して、つぎのようなカードをつくってください(1の位、10の位、100の位の3枚できあがります)。

・おはじきを10個置けるほどの大きさで、紙を切って、3枚、カードをつくってください
・それぞれのカードの上のほうに「1のくらい」「10のくらい」「100のくらい」と書いてください。

これで準備は完了です。

1の位のイメージをつかませよう!

子どもの前に「1のくらい」のカードを1枚置いて、子どもに「1のくらいのカードには、赤いおはじきを9個までしか置くことができない」と伝えてください。



そして、子どもに、カードに赤いおはじきを1個、置かせてください。
つぎのようになりますね。



同じように、カードに赤いおはじきを、2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個と置かせてください。
※それぞれつぎのようになります。



最後に「赤いおはじきを10個カードに置いて」と言ってください。
子どもがカードに置こうとすると「1のくらいのカードには赤いおはじきを9個までしか置くことができなかったよね」と言ってください。



【目標】
・「1の位」という名前を覚えている
・1の位のカードには、赤いおはじき9個までしか置けないことを覚えている

スポンサード リンク


つぎに、10の位のイメージをつかませよう!

子どもの前に、赤いおはじきを10個、黄色いおはじきを1個置いてください。
そして「赤いおはじき10個と黄色いおはじき1個は交換できるんだよ」と教えてください。



「じゃあ、黄色いおはじき1個は、赤いおはじきいくつと交換できる?」と聞いてください。

「10個」と答えると思います。
つぎに「赤いおはじきが20個あれば、黄色いおはじき、いくつと交換できる?」と聞いてください。
以前に勉強した内容を覚えていれば「2個」と答えると思います。

同様に、赤いおはじき30個は黄色いおはじき3個、赤いおはじき40個は黄色いおはじき4個と交換できると、子どもと確認しましょう。

これができれば、本題です。
自分の前に、黄色いおはじき1個を置いてください。
子どもの前に、つぎのものを置いてください。

・赤いおはじき10個
・1の位のカード。(子どもから見て)その左に10の位のカード

まずは、1の位のカードに赤いおはじきを10個置いてください。
そして、つぎのように聞いてください。

・「1のくらいのカードには、赤いおはじき9個までしか置けないよね。それでも、10個、置きたい場合は、どうすればいいと思う?」
「黄色いおはじきを使うんだよ。赤いおはじきは、黄色いおはじき、いくつと交換できるんだった?」

子どもは「1つ」と答えると思います。
赤いおはじき10個を、自分の手元にある黄色いおはじき1個と交換してください。

そして「黄色いおはじきは、10のくらいのカードに置くんだよ」と教えて、黄色いおはじき1個を10の位のカードに置いてください。
つぎのようになりますね。



そして、子どもにつぎのことを確認してください。

・赤いおはじき10個あった。
・赤いおはじきは1の位のカードに置く。しかし、9個までしか置けない。
・そこで、黄色いおはじきと交換
・黄色いおはじき1個は、赤いおはじき10個と交換できる
・黄色いおはじきは、10の位のカードに置く
10の位のカードに黄色いおはじきが1個あれば、それは赤いおはじき10個と同じ



子どもがこれらを理解したなら、つぎの2つを教えてください。

1の位のカードに何も書かないわけにはいかないので、「ない」ということで0を書くこと




10の位のカードには、黄色いおはじきを9個まで置くことができること



ここまでわかれば、あとは練習問題を繰り返し解かせましょう!

(問)つぎのカードの場合、赤いおはじきはいくつある?



「14」と答えられればいいのですが、わからないようなら、つぎのように教えてあげるといいでしょう。

1.黄色いおはじき1個は、赤いおはじき10個と交換できる



2.「10+4」で、「14」

(問)つぎのカードの場合、赤いおはじきはいくつある?



「20個」と答えられればいいのですが、わからないようなら、つぎのように教えてあげるといいでしょう。

1.黄色いおはじき1個は、赤いおはじき10個と交換できる



2.赤いおはじき10個が2つあるので「10、20」で「20個」

(問)子どもに、赤いおはじき18個をカードに置かせてください

赤いおはじき18個のうち、10個は黄色のおはじきに交換できます。
つまり、赤いおはじき18個は、黄色いおはじき1個と赤いおはじき8個ということですね。
よって、つぎのようになると教えてあげてください。


【目標】つぎのことを覚えている

・「10の位」という名を覚えている
・(自分から見て)左から「10の位のカード」「1の位のカード」の順で置く
・10の位のカードには、黄色いおはじきを9個までしか置けない
・1の位のカードには、赤いおはじきを9個までしか置けない
・赤いおはじき10個と黄色いおはじき1個は交換できる

ついでに百の位のイメージも教えてしまおう!

子どもの手元に、(子どもから見て左から)100の位のカード、10の位のカード、1の位のカード、それと黄色いおはじきを10個、置いてください。
自分の手元には、青いおはじきを1個置いてください。
これで準備完了です。

まずは、子どもに「黄色いおはじき10個をカードに置いて」と言ってください。
子どもは「黄色いおはじきは9個までしか置けない」などと言うと思いますが、そこですかさず、つぎの3つを教えてください。

・黄色いおはじき10個と、青いおはじき1個を交換できる



・青いおはじきは、100の位のカードに置く
・10の位、1の位に何も置かないときは「0」と書く。

よって、つぎのようになります。
先ほどと同じなので、子どももできると思いますが、もしわからないようなら、10の位の数をしっかり復習させてください。



最後に、復習をします。
子どもの前に並べてある3枚のカードを指さしながら、1の位のカードには赤いおはじきを9個までしか置けないこと、10の位のカードには黄色いおはじきを9個までしか置けないこと、100の位のカードには青いおはじきを9個までしか置けないことを教えてください。



では、子どもに練習問題を解かせましょう。

(問)つぎのカードの場合、黄色いおはじきはいくつになる?



青いおはじき1個は、黄色いおはじき10個と交換できるのですよね。



黄色いおはじきは「10+1」で、11個ですね。

(問)黄色いおはじき21個をカードに置こう!

黄色いおはじき21個のうち20個は、青いおはじき2個と交換できますよね。



よって、つぎのようになります。


【目標】つぎのことを覚えている

・「100の位」の名を覚えている。
・(自分から見て)左から「100の位のカード」「10の位のカード」「1の位のカード」の順に置く
・100の位のカードには、青いおはじきを9個までしか置けない
・10の位のカードには、黄色いおはじきを9個までしか置けない
・黄色いおはじき10個と青いおはじき1個は交換できる

千の位の数以降も考えかたは同じ

青いおはじきが10個あれば、どうなると思いますか。
いままでと同じです
「千の位のカード」がでてくるだけです。
これがずっと続いていきます。

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ