勉強する子どもと勉強しない子どもの「差」

勉強する子どもと勉強しない子どもは、何がちがうと思いますか。
要因はいくつかありますが、そのうちの1つに「習慣」があります。
勉強する子どもは勉強する習慣が身についていて、勉強しない子どもはその習慣がありません。

というわけで、幼少のころに勉強する習慣を身につけさせましょう。そうすると、将来、子どもは勉強するようになりますから。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか。
勉強の習慣の1つを無理なく子どもに身につける方法を紹介します。

スポンサード リンク


幼児のうちから、机に向かう習慣をつくろう!

授業や自習するときの様子を思い浮かべてください。
かならず、つぎのことをしますよね(寝そべりながら宿題をすることもあるでしょうが、机に向かったほうが集中できます)。

・机に向う
・鉛筆を持って、何かを書く

勉強できる子どもはずっと机に向かっていられますし、何かを書き続けることもできます。
その一方、勉強できない子どもは、長時間、机に向かえないですし、机に向かっても落ち着きがありません。やる気もありません。

「机に向かう、鉛筆をもって何かを書く」

これを幼児期のうちから習慣にしてしまいましょう!
具体的にはどのようにすればいいのでしょうか。

幼少のうちは「机に向かって、お絵かきをする習慣」をつくるといいでしょう。

スポンサード リンク


幼児期のうちは特にリビングのテーブルがお勧め!

まずはお絵かきする場所を考えましょう。
わたしがお勧めするのは「リビング」ですが、なぜでしょうか。

はじめのうちは子どもを見ていないといけません。
しかし、そのうち、子どもだけでお絵かきするようになりますし、お絵かきに集中する時間も長くなっていきます。
そういうときは料理などの家事をしたいですよね。だから、リビングがいいわけです。

ちなみに、お絵かきする場所は変えても構いません。
とはいえ、小学校高学年まではリビングがいいと思いますが。

<一言>
リビングのテーブルのデメリットは、消しゴムのカスがテーブルに残るのでご飯のときに掃除をしないといけない、ご飯のあとはテーブルを拭いてから勉強させないといけないことでしょうか。

机に向かって、鉛筆や色鉛筆で紙に好きに書かせよう!

子どもを机に向かわせてください。
紙と鉛筆や色鉛筆などを子どもの目の前に置いて、好きに書かせましょう。

(例)


ちなみに、この際、鉛筆の「持ちかた」をきちんと教えておけば、後々楽になりますが……。
ほとんどの子どもは、いくら教えてもできないと思います。
「もっと成長するまで鉛筆の持ちかたは教えない」か、教えるとしても「できればラッキー」くらいの軽い気持ちで教えるといいでしょう。
ただ、教える場合は、すこしでも「うちの子には、まだはやいな」と思えば、教えるのをやめましょう。

子どもに「テーブルに向かうと楽しい!」と思わせるのが目的です。鉛筆の持ち方を教えることで「何か嫌!」となると本末転倒ですから。

毎日続けることが大切!

「子どもをテーブルに向かわせて、色鉛筆などで好きなようにお絵かきさせる」

これをできれば毎日続けます。


はじめのうちは、すぐに飽きてしまうと思いますが、毎日続けることでテーブルに向かう時間がのびていきます。

時間がのびると、どういうメリットがあると思いますか?
「料理などの家事をするとき、子供をテーブルに向かわせて、鉛筆や色鉛筆と紙を置いておきさえすれば勝手に遊ぶ」となります。

しかも、将来、子どもが勉強する土台になるわけですからねー

なお、この時点では「紙」「色鉛筆」などは親がテーブルに置きます。
※詳しくは別の記事にありますが、子どもが成長すると子どもに鉛筆や紙を準備させます。そうすると、勝手に勉強をはじめてくれるので、かなり楽になります。

こういう場合、どうすればいいの?

子どもが勝手に絵を描くようになればいいのですが、思う通りにならないのが育児です。
そこで、いくつか疑問に思うであろうこと、その回答を紹介します。

<Q>子どもが「お絵かきしない!」と言えば、どうすればいい?
<A>無理する必要はありません。お絵かきをやめましょう。ただ、子どもの気持ちはコロコロと変わるので時間を置いてふたたび「お絵かきする?」と誘ってみるといいでしょう。うまくいくこともあります。

<Q>子どもが、どうしてもお絵かきしない!どうすればいい?
<A>幼児教育は時間がたくさんあるので、焦る必要はありません。ただ、「継続してテーブルに向かわせること」が大切なので、どうしてもダメな場合は、「タブレット」「スマホ」を使いましょう。線を描くアプリがあるので、それをさせておくと楽しくテーブルに向かいようになります。それでも無理ならば、テーブルにおもちゃを置いても構いません。

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(未就学児から小学校一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ