そろばんには「壁」がいくつもある!

そろばんを使わない場合、下記1のたし算ができれば、ほかの2、3も解くことができます。

1.1+2
2.2+3
3.3+4

しかし、そろばんはちがいます。
上記1ができても上記2はできませんし、上記2ができても上記3は計算できません。

そろばんでは乗り越えるべき「壁」がいくつもあります。
それらの壁ごとに分けて、解説していきます(「STEP」で分けています)。

加えて、単なるそろばんの解説ではありません。
幼稚園児でも理解できるように数字カードを使って教えていく方法を伝授します。
※数字カードは、コピー用紙などに1、5、10、50、100、500と書いて切っていくだけのものです。詳しくは別のページにあります。

<参考>そろばんは、数字カードで教えたほうがいい理由
そろばんを教えるとき、数字カードで教えることをお勧めします。
その理由は、そろばんは、玉を取り外してバラバラにできないためです。
イマイチ実感できないと思うので、この先を読み進めていってください。
その理由がよくわかるようになると思いますから。たぶん。

<一言>
もちろん、そろばんの実物を使っても、そろばんのやりかたを理解できます。ただ、数字カードを使ったほうが、かんたんに、はやく理解できるだけです。

スポンサード リンク


【STEP1】まずは、そろばんのルールを教えよう!

まず、紙につぎのように線を描いてください。
これで、そろばんが完成です 笑



これを使って、そろばんを習得させましょう!
まず覚えてほしいルールです。

(前提)最初のうちは、そろばんの紙の一番左の列(一の位)しか使いません。
(ルール1)この紙に置けるのは【1】のカードと【5】のカードだけ
(ルール2)上の1つのスペースに置けるのは【5】のカード
(ルール3)下の4つのスペースに置けるのは【1】のカード
(ルール4)【1】のカードは上から置いていきます。

前提です。
赤で囲った、一番左の列しか使いません。
ちなみに、そろばんではここは「一の位」です。今回は一の位の計算しかしないので、ここしか使わないだけですね。



ルール1〜3。
【1】のカードは4枚、【5】のカードは1枚しか置けません。



ルール4。
【1】のカードは上から置いていきます。



上記から1だけ増やすとつぎのようになります。



さて、これで「3」をつくってみましょう。
3は【1】のカード3枚ですね(【1】と【5】のカードしかありませんので、これでしか3はつくれません)。
【1】のカードは上から置いていくので、つぎのようになります。



つぎに、「5」をつくってみましょう。
5は【1】のカード5枚、もしくは、【5】のカード1枚ですね。
ただ、そろばんには【1】のカードは4枚までしか置くことはできないので、つぎのようになります。



これを教えたあと、「1から9」までの数字をそろばんでつくらせてみてください。

【STEP2】答えが5未満のたし算を教えよう!

「1+2」を計算させてみましょう。

最初に「1」をそろばんでつくります。
子どもに【1】のカードを置かせてください。



つぎに、「2ってことは【1】のカードは何枚?」と聞いてください。
数字カードの練習ができていれば、すぐに2枚と答えると思います。
そして、「じゃあ、【1】のカードを2枚置いてみて」といってください。

・今はそろばんの紙の一番左の列しか使わないこと
・【1】のカードは上から置いていくこと

このルールを覚えていればつぎように置くはずです。



最後に「これ、いくつ?」と聞いてください。
すると「3」と答えると思います。
※もしわからないようであれば「【1】のカード、何枚ある?」と聞いてみてください。

「1+2=3」ですね。

同じようにして、答えが5未満になるたし算をそろばんで計算させてください。
※つぎの計算しかありません。

・1+1
・1+2
・2+1
・1+3
・2+2
・3+1

【STEP3】答えがちょうど5になる、たし算を教えよう!

「3+2」をさせてみてください。
その際に、子どもの手元に【1】のカードを5枚、【5】のカードを1枚置いてください。

【1】のカードを3枚、紙に置かせてください。
つぎのようになりますよね。




これに、【1】のカードを2枚置きたいのですが、置けないですよね。



ここで「交換」の話をしてください。
【1】のカード5枚なので、【5】のカードと交換できることを思い出すと思います。
※別のページに数字カードの遊び方を紹介しています。そこに交換の話があります。



すると、つぎのように交換できると気がつくと思います。
※もし気がつかないのならば、別のページで説明しているカードの交換の練習が足りていません。しっかり練習させてください。



これで、つぎのようにできると思います(これが答えです)。



これが終われば、つぎの計算をさせてください。

・1+4
・2+3
・3+2
・4+1

ここで「そろばんは数字カードを使って教えたほうがいい理由」がわかったのではないでしょうか。
数字カードで「交換」をすると子どもはかんたんに理解できるのですが、そろばんの玉は固定されていて交換できないので、なかなか理解してくれません。理解させられなくはないのですが、教えるのがたいへんなのですね。

【STEP4】答えが、6〜9になるたし算を教えよう!

子どもに「3+4」を計算させてみてください。
その際、子どもの手元に【1】のカードを7枚、【5】のカードを1枚、置いてください。

「3」なので、紙に【1】のカードを3枚置くのはすぐにできると思います。



つぎに「4」を足すわけですが、【1】のカード4枚は置くことができないので「交換」するのですね。




ここからがかなり重要です。
交換の練習をしていると、何もいわなくても交換しますが、適当に交換させてはいけません。
そろばんに置いてある数字カードを「下」からとって、交換させてください。

いまの場合は、つぎですね。

・そろばんに置いている【1】のカード3枚のうち、1枚を「一番下のカード」からとる
・それをそろばんの外にある【1】のカード4枚とあわせる




このとき「4を5にするために、3から1借りた」と言ってください。
そろばんの先生によっては「借りる」という言葉を使わないかもしれませんが、似たようなことを言うと思います。たぶん。

というわけで、【1】のカード5枚と【5】のカード1枚と交換します。



以下が答えです。
「7」ですね。



あとは練習させましょう。

<答えが、6〜9になるたし算>
※【5】のカードと交換させる練習をするのが目的です。最初は【1】のカードのみ渡してください。

・1+5
・2+4
・3+3
・4+2
・5+1

・1+6
・2+5
・3+4
・4+3
・5+2
・6+2

・1+7
・2+6
・3+5
・4+4
・5+3
・6+2
・7+1

・1+8
・2+7
・3+6
・4+5
・5+4
・6+3
・7+2
・8+1

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(未就学児から小学校一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ