算数の勉強(小学校入学前)

ひらがなやカタカナを書けるようになれば、算数の勉強をはじめましょう!
子どもは「具体的なもの」があったほうが習得がはやいので、当サイトでは「ビー玉」「(自作の)数字カード」などの「モノ」を使った教えかたを紹介しています。
ただし、親が教えないといけません。

<中学受験を考えている場合>
御三家を目指すのならば、「年長にて、繰り上がり、繰り下がりがない、10までのたし算、ひき算ができる」のが目安といわれています。ここではその進度にあわせて解説しています。

【4歳、5歳】数のかぞえかた

まずは、子どもに「数」と「かぞえかた」を覚えさせましょう。
いろいろな覚え方がありますが、ここでは「遊び」を通して覚える方法を紹介しています。

「ビー玉遊び」をすると楽しく数のかぞえかたを覚えられる!
【目標】数をかぞえられる
【内容】数のかぞえかたを学ぶ前後にビー玉遊びをすると子どもは遊びのなかで「数」を意識できるようになります。今後のために親子でビー玉遊びしましょう!
「ビー玉遊び」をすると楽しく数のかぞえかたを覚えられる!

【4歳、5歳、6歳】たし算、ひき算(繰り上がり、繰り下がりはない)

繰り上がり、繰り下がりがない「たし算」と「ひき算」を教えましょう。この際、「数字カード」を自作して教えるといいでしょう。数字カードだと手で遊んで学べるので、習得がはやいですし、忘れにくくなります。

<注意点>
・数字カードはあくまで理解させるために使うものです。計算ドリルをしているうちに、数字カードを使わなくてもできるようになる子どももいます。そのような場合は、数字カードを使う必要はありません。
進度は優秀な5歳児にあわせています。今はまったくできなくても、1年後、2年後には、すんなり、できるものなので、今できなくても気にする必要はまったくありません。

まずは、数字カードをつくろう!
まずは数字カードをつくりましょう。制作費はほぼかかりません。5分もあればできます。
まずは、数字カードをつくろう!
【STEP1】数字カードで遊べば、簡単な足し算が、みるみるできるようになる!(繰り上がりなし)
【目標】「3+2」のような、繰り上がりがない、たし算ができる
【内容】数字カードで「交換」する遊びをしましょう。かんたんに交換できるようになります。交換ができれば、繰り上がりがない、簡単なたし算もすぐにできるようになります。
【STEP1】数字カードで遊べば、簡単な足し算が、みるみるできるようになる!(繰り上がりなし)
【STEP2】数字カードで、一歩進んだ足し算もできるようにしよう!
【目標】「●番目」の意味をなんとなく理解。「9+3」のような、たし算ができる。
【内容】簡単な足し算ができるようになれば、すこし難しい足し算も教えましょう。なお、ここで扱う足し算は繰り上がりがありますが、ここでの繰り上がりは数をかぞえていくだけのものです。繰り上がりのあるたし算は、別に学習します。
【STEP2】数字カードで、一歩進んだ足し算もできるようにしよう!
【STEP3】簡単な、たし算ができるようになれば、頭を柔らかくする訓練をしよう!
【目標】「6=●+▲」の●と▲の組み合わせをすべて言える。
【内容】数字カードを使って教えると「5=●+▲の●と▲」もわかるようになります。
【STEP3】簡単な、たし算ができるようになれば、頭を柔らかくする訓練をしよう!
【STEP4】ひき算も、数字カードで教えると簡単!(繰り下がりなし)
【目標】「4−2」のような、繰り下がりのない、簡単な引き算ができる
【内容】今度は、数字カードで、繰り下がりのない、引き算を教えましょう。ここまでしっかり教えていれていれば楽勝です。
【STEP4】ひき算も、数字カードで教えると簡単!(繰り下がりなし)
たし算、ひき算ができるようになれば「数直線」を教えよう!
【目標】数直線を理解して描けるようにします。
【内容】ちいさな子どもでも、数直線を描けるようにします。数直線を描けると「数」に対する理解が深まります。
たし算、ひき算ができるようになれば「数直線」を教えよう!
数字カードを使えば、すこし難しい「足し合わせて●になる数の組み合わせ」もできるようになる!
【目標】前に学習した「足して●になる数の組み合わせ」の問題のうち、「12=●+▲」のような、すこし難しい問題も解けるようになる。
【内容】一例をあげると「12=●+▲」の●と▲の組み合わせがわかるようにします。ちなみに、今後の繰り上がりがある、たし算のため、あわせて10になる数の組み合わせは何度も繰り返して練習させましょう。
数字カードを使えば、すこし難しい「足し合わせて●になる数の組み合わせ」もできるようになる!

それ以外の勉強(未就学児)

算数以外にも教えるべきことがあります。ここでは算数以外で教えたいことについて紹介しています。

【4歳、5歳、6歳】日常生活で意識的に教えたいこと

日常生活で意識的に教えたいことを紹介しています。

時計、カレンダーは意識して教えよう!
先取り学習、小学校受験を考えているのならば、日常生活にて、意識して時計やカレンダーの読み方などを教えるといいでしょう。
数のかぞえかただけではなく、時計、カレンダーは意識して教えよう!

【6歳】国語の勉強もしよう!

「国語」は算数に関係ないと思ってしまいますが、実のところ、かなり影響があります。幼少のころから国語を意識して勉強させるといいでしょう。具体的には、「国語のドリルを解かせる」「公文式で国語を勉強させる」などの方法があります。

【6歳】かけ算の勉強をするよりも、たし算、ひき算!

たし算やひき算ができるようになれば、つぎは、かけ算を教えたくなると思いますが、この年齢の子どもは、たいてい、かけ算の概念を理解できません。
かけ算の前に「そろばん」や、小学校で習う「繰り上がり、繰り下がりがある、たし算やひき算」を教えるといいでしょう。
それでも、余裕があって「この子、暗記力があるな」と思うのであれば、かけ算の意味は教えず、九九を暗唱させるといいでしょう。歌にして、九九を覚えさえるのもいいと思います。

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(未就学児から小学校一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ