「10のカタマリ」がわかれば、かんたんな2桁の引き算もできる!

※先に「10のカタマリ」がわかれば、かんたんな2桁のたし算ができる!」から学習してください。

「10のカタマリ」がわかれば、2桁の引き算もできます。
その話の前に復習をかねて、子どもに「30−10」を計算させてみましょう。

いきなり解けない場合は、つぎのように言うといいですよ!

親「30は10がいくつ?」
子ども「3つ」
親「そこから10を1つ引くんだよね? 引くってことはなくすんだよね? どうなると思う?」
子ども「2つになる」
親「10が2つになるから、答えは20だよね」

子どもがわからなくても、わかっても、数字を変えて練習させましょう。
繰り返し演習を解かせている間に、わかるようになります。

【目標】たとえば「40−20」のような計算ができる
【練習問題】つぎの計算をさせましょう。

(1)20−10
(2)30−20
(3)40−30
(4)50−40
(5)30−10
(6)70−20
(7)50−20
(8)80−40
(9)70−30
(10)10−10

スポンサード リンク


「2桁の数と1桁の数」の引き算をさせよう!(ただし、繰り下がりなし)

紙に「28−4」と書いて計算させてみましょう。

いきなり答えられないと思うので、「28は10がいくつ? それ以外にいくつ?」と聞いてください。
「28は10が2つ、それと8」と答えると思います。
それを紙に書かせてください。
つぎに「8」と「4」を線で囲ってください。



「ここの8と4を引くと4だよね? 答えはいくつになると思う?」と聞いてください。
「10が2つと4。だから24」とわかると思います。
※わからなければ数字を変えて繰り返してください。

【目標】「21+4」のような、繰り上がりがない「2桁の数+1桁の数」のたし算が計算できる

【練習問題】つぎの問題を解かせてください。

(1)14ー3
(2)26ー4
(3)36ー2
(4)47ー2
(5)57ー6
(6)17−7
(7)23−3
(8)39−7
(9)48ー6
(10)55ー2

<一言>
「10のカタマリ」がわかれば、かんたんな2桁のたし算ができる!」とほとんど同じですね。もし子どもがわからないといえば、たし算をしっかりと復習させましょう。

「2桁の数と2桁の数」の引き算をさせよう!(繰り下がりなし)

紙に「23ー11」と書いて計算させてみましょう。

1つずつ考えさせましょう。
まずは「23」に着目させてください。
「23は10がいくつ? それ以外にいくつ?」と聞いてください。
「23は10が2つ、それと3」と答えると思います。
それを紙に書かせてください。

つぎは「11」に着目させてください。
「11は10がいくつ? それ以外にいくつ?」と聞いてください。
「11は10が1つ、それと1」と答えると思います。
それを紙に書かせてください。



つぎに、10のカタマリ同士、それと3と1を、それぞれ線で囲ってください。



つぎのように聞いてください。

親「10がいくつある?」 子ども「2つあったのに1つ引いたから、1つ」
親「10以外の数字は?」
子ども「3引く1だから、2」
親「10が1つ、それ以外が2だから、ぜんぶで12だよね」

正解でも不正解でも数字を変えて繰り返しましょう。

【目標】「25ー12」のような、繰り下がりがない「2桁の数と2桁の数」の引き算が計算できる

【練習問題】つぎの問題を解かせてください。

(1)25ー13
(2)34ー11
(3)46ー33
(4)58ー21
(5)33ー12
(6)22ー11
(7)57ー21
(8)29ー17
(9)63ー51
(10)19ー19

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(未就学児から小学校一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ