子どもと「算数」の勉強をしよう!

子どもに、算数を教える方法を「親」に向けて解説しています。中学数学をはじめとする著書が多数ある著者が運営しています。

<目標>
かけ算は、今後の学習の土台になる。当サイトでは、さまざまな角度から、かけ算を勉強させるので「深く」理解できる! 結果、今後の学習が楽になる!
・子どもは「自ら」算数を勉強するようになる!
・塾にいかなくてもいい! 教育にかかるお金は安上り!

「中学受験は考えていないけど、子どもに何か勉強させたい」と考えている親に向けたサイトですが、中学受験を考えているひとにも役立ちます

<中学受験を考えている場合>
御三家のような難関中学校を目指す場合、先取り学習が主流なので、ここにあることを前倒しで習得させるといいでしょう。逆に、自分の子どもには進度がはやいと思えば、目安の年齢に関係なく、ゆっくりと進めましょう。「いそがばまわれ」です。

スポンサード リンク


【小学校一年生】数の性質

位の数などについての解説です。小学校一年生の後半に習います。

「位の数」はイメージが大切!
位の数は、おはじきでイメージさせましょう。
位の数はイメージが大切!
「位の数」を理解させよう!
おはじきで位の数をイメージさせることができれば、位の数を教えましょう。
位の数を理解させよう!
「桁数」を理解させよう!
位の数を教えたあとは、桁数を教えましょう。
桁数を理解させよう!

【小学校一年生から二年生】かけ算

小学校では、かけ算は小学校二年生以降で教わります。しかし、たし算やひき算を完全にできるようになったあとだと、理解するのにそれほど苦労しないので、教えても構わないと思います。

かけ算は「ハンコ」をイメージするとかんたん!
かけ算は「ハンコ」で教えるといいでしょう。そうすることで、かんたんな方程式も解けるようになります。
かけ算は「ハンコ」をイメージするとかんたん!
かけ算を「ハンコ」でイメージすると方程式も解ける!
かけ算を「ハンコ」でイメージさせると、変数を理解させることもできますし、方程式も解けます。その「さわり」の部分を紹介しています。
かけ算を「ハンコ」でイメージすると方程式も解ける!
九九は「完全」に暗記させよう!
かけ算を「ハンコ」でイメージできるようになれば、つぎに九九を暗記させましょう。九九を覚えさせるうえで注意したいことを紹介しています。
九九は「完全」に暗記させよう!
おはじきを使って「かけ算」の理解を深めよう!
おはじきを使って、かけ算の理解を深める方法を説明しています。なお、ここをする前に九九を暗記させてください。
おはじきを使って「かけ算」の理解を深めよう!
「おはじき」と「かけ算」で、子どもの脳をちょっぴり鍛えよう!
おはじきを使って、子どもの脳をほんの少しだけ鍛える方法を説明しています。
「おはじき」と「かけ算」で、子どもの脳をちょっぴり鍛えよう!

「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ